教区主教からの礼拝参加にあたってのお願い

横浜教区主教より下記の通りお知らせがありました。

横浜教区の皆さまへ

✟主の平安をお祈りいたします。
主のご降誕を間近に控え、よき備えが整えられますように。

さて、既にご承知のことと思いますが、新型コロナウイルスの新たな変異種であるオミクロン株の市中感染が近づきつつある状況となっています。その特徴はまだ明らかにはなっておりませんが、感染力が強いと言われています。また重症化は比較的少ないと言われている反面、無症状や軽症の人が自らの感染を知らずに他の人に感染させてしまうということが懸念されています。

12月16日現在で、首都圏では新規感染者数が若干の増加傾向を見せ始めております。クリスマスを控え、礼拝を始め関連諸行事を予定しているところもおありと思いますが、各教会におかれましては、今一度、感染予防対策を確認の上、防止に努めてください。

改めまして、以下の徹底をよろしくお願いいたします。

①   受付で、礼拝等出席者の体温および体調の確認
②   マスク着用と手指の消毒の徹底
③   出席者同士の座席の間隔を空けること
④   室内のこまめな換気
⑤   聖歌を歌う際の発声を控え目にすること
⑥   礼拝後、座席や使用品、特に、不特定多数が触れるドア・ノブなどの消毒

主にありて

12月17日

主教イグナシオ入江 修