2021年9月27日更新

「緊急事態宣言」が解除される見通しになりました。
前回お知らせしたとおり、解除された場合、10月3日から2交代制での主日礼拝を再開いたします。
(10月3日 A班)


*注意事項が追加されています。よく読んでから教会にお越しくださいますようお願いします。安心安全に礼拝をお捧げできますよう、皆さまで気をつけてまいりましょう。
*礼拝に参加されることに不安を覚える方、横浜市外や公共の交通機関を利用なさる方は、無理に参加なさる必要はありません。

COVID-19に対する最新情報をまとめています。
以下は、横浜山手聖公会の信徒向けの情報となります。

礼拝時間

主日礼拝は、日曜日午前11:30(通常より30分遅れ)となります。朝8時の聖餐式は従来通りです。

内容については、以下の通りとなります。

  • 日課:使徒書・福音書
  • 1種陪餐(パンのみ)
  • 聖歌:1曲1番のみ

参加者の制限

教会員の礼拝参加を2班に分けて、隔週の交代制とします。

氏名順で氏が、

  • ア行~サ行の方(A班:オレンジ色)
  • タ行~ワ行の方(B班:緑色)

として、以下のカレンダーに従ってください。なお、諸当番日が礼拝出席日でない場合は、教会をお休みいただいても良いとご判断ください。

持ち物

感染を拡大させないために、以下をご持参ください。

  • マスク(必ずご着用ください)
  • 祈祷書(聖歌はプリントを配布いたします)
  • 飲み物(お茶のご用意はありません)
  • 脱ぎ着しやすい衣服(換気のため窓を開けています)

注意事項

以下の注意をお守りください。

教会に行く朝

以下の場合は、教会に行くのをお控え下さい。

  • 体調に少しでも不安がある場合
  • 2週間以内に風邪症状(発熱や咳など)があった場合
  • ご家族に同様の症状があった場合

礼拝中

  • マスクを必ず着用してください。
  • 玄関入り口で検温し、備え付けのアルコールで手指を消毒してください。
  • 玄関入口のアルコール消毒で手を消毒してください。
  • 礼拝出席簿はアッシャーが記入いたします。お名前を指差しするか、お申し出ください。
  • 信施(献金)は礼拝前に、入口でお献げください。
  • 礼拝堂では、マークのついた信徒席にお座りください。
  • 祈祷書をご持参できなかった場合は、入口でアッシャーにお声がけください。
  • 礼拝中は、着席と起立のみとし、当面は「ひざまずかない」。
  • 礼儀作法は、週報(オモテ面)記載の「◆コロナ対応(聖堂内)」を順守してください。

礼拝後

  • 万一感染者が発生した場合の通知に備え、皆さまの座席位置確認のため、礼拝後にアッシャーが、座ったままの「写真」を取らせていただきます。撮影後30日間保管し、その後に適切に廃棄いたします。
  • 万一感染者が発生した場合の通知範囲等は、保健所等の指示に従うことになります。
  • 離席の折に、配布の消毒液を浸した布で長椅子の消毒をお願いします。
  • 写真撮影終了後は、速やかに解散してください。
  • ホール・集会室などでの飲食は控えてください。
  • 打合せ等でお話される場合は、相手との距離を空けて(1m以上)マスク着用でお話しください。
  • 個人で使ったマスク、手袋、ティッシュペーパー、ペットボトル等のごみは、お持ち帰りください。配布された印刷物もお持ち帰りください。
  • ご帰宅後2週間以内に、ご本人とそのご家族に感染者が出た場合は、必ず牧師に連絡してください。
    教会には、個人情報厳守し《クラスター発生防止のための社会的責任》があります。

その他

主日礼拝にいらっしゃる際の注意点

最新の主日礼拝にいらっしゃる際の注意点のプリント(2021年9月12日版)はこちらです。